九州保健福祉大学総合医療専門学校

よくあるご質問

  • 交通アクセス
  • サイトマップ
順正学園
デジタルブック
  • 学校の特色
  • 学科紹介
  • 図書室
  • 校内マップ
  • メッセージ
  • 入試要項
鍼灸学科ブログ

鍼灸学科のブログ

経穴の場所

2016.05.16

この度の熊本地震におきまして、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

 

大型連休も終わり、学校は学生さんの賑やかな声が響き、授業も本格的になり、講義や実技実習など忙しい毎日を過ごしています。

先日は経穴(ツボ)の場所を再確認する授業を行いました。

 

鍼灸施術は反応がみられる経穴に、はりやきゅうを行います。経穴の場所は主に骨格を基準として身体各部の長さを決め、その長さを等分して定めていきます。

 

 

しんぽうけい14 (2)

 

 

今回は、手の厥陰心包経という経絡(ルート)上にある経穴の場所を確認しました。

心包経は、胸から手の中指までのルートで、9穴の経穴があります。

経穴の基準となる骨や、関連する筋の位置を確認しながら、経穴の正確な場所を探します。

 

 

経穴4-1 (2)

 

 

皆さん、真剣・・・?(真面目にかつ楽しく!)

 

 

経穴2-1 (2)経穴12-1 (2)

 

 

心包経は、感情や精神活動を統率する『心』を、外側から守る役割を持つ臓腑です。

心が五臓の活動を安定させることができるようにしています。

患者さんの経穴を正確に取り、はりやきゅうを行って効果が出せるよう、しっかりと練習してください。

 

 

経穴3-1 (2)

 

 

参考文献:経絡経穴概論 東洋療法学校協会編

 

鍼灸学科教員 豊島 紫乃


ページトップへ