九州保健福祉大学総合医療専門学校

よくあるご質問

  • 交通アクセス
  • サイトマップ
順正学園
デジタルブック
  • 学校の特色
  • 学科紹介
  • 図書室
  • 校内マップ
  • メッセージ
  • 入試要項
鍼灸学科ブログ

鍼灸学科のブログ

第69回 日本自律神経学会総会

2016.11.24

前回に続いて、学会報告をしたいと思います。

熊本でおこなわれた日本自律神経学会の総会に参加しました。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経とあります。狩りや闘いのときは交感神経の活動が盛んで、リラックスした状態のときは副交感神経の活動が盛んであると想像して頂くとよいかと思います。

自律神経のバランスが崩れると、様々な症状が出現します。

 

鍼灸は自律神経のバランスを調えることが施術方針の一つとなります。

鍼刺激が脳循環に及ぼす影響や、諸症状に対して鍼灸刺激をおこなったことなど、施術の参考となる講演や発表がありました。

自律神経学会 (2)

 

また、大阪医科大学の吉田誠司先生の、日本の思春期以後の子どもは交感神経活動が低いため起立性調節障害を生じる子どもが多いが、教育キャンプをおこない症状の改善がみられたとのご発表や、宇宙航空研究開発機構の大島博先生の宇宙飛行士の体調管理についてのご講演、ロボホンをつくられた高橋智隆さんのロボット時代のこれからについてのご講演など、多岐にわたった内容の学会でした。

 

学会の合間をぬって、熊本城へ行きました。

立ち入り禁止でしたが、石垣の一部が崩れ落ちている様、壁の剥がれなどを目の当たりにし、地震の大きさがよくわかりました。

また、講演中に地震が発生し、まだ油断できない状況にあると感じました。

しかし紅葉の先にみた天守閣は、やはりどっしりとしていて、熊本のシンボルとして皆さんの心の支えになっているのではないかと思いました。

 

熊本城1 (2) 熊本城2 (2)

 

今回は、医学専門用語、カタカナ、アルファベットが飛び交い、頭の中が崩壊寸前に陥るほどの知識不足を痛感した学会でした。

勉強しなければ・・・

 

鍼灸学科教員 豊島 紫乃


ページトップへ