九州保健福祉大学総合医療専門学校

よくあるご質問

  • 交通アクセス
  • サイトマップ
順正学園
デジタルブック
  • 学校の特色
  • 学科紹介
  • 校内マップ
  • メッセージ
  • 入試要項
学校の特色

看護学科 〜在学生からのメッセージ〜

河野 亜海

 看護学科 
河野 亜海
(宮崎南高等学校 卒業)

患者さんやご家族を笑顔にできる看護師に。

 私の母は、私が小学生の時に看護学校に通っていました。そのため、戴帽式の様子や、看護師として働く姿を見て憧れを抱いていました。また、高校時代の看護体験で人の役に立てるということを実感し、やりがいを見い出すことができたのも看護師を志すきっかけとなりました。
本校は、先生方やクラスメイトからのサポートが手厚く、仲間と助け合いながら安心して学習することができます。また、社会人経験のあるクラスメイトもいるため視野が広げることができるのも本校の魅力だと感じています。
将来は、患者さんやご家族の気持ちを思いやり、笑顔にすることができる看護師になれたらと思っています。


田牧 愛梨

 看護学科 
田牧 愛梨
(高鍋高等学校 卒業)

看護師である母のように患者さんに必要とされる存在になりたい。

 高校生のとき女子バレー部のマネージャーとして、テーピングや応急処置の方法などを自分で勉強するうちに、医療関係の仕事に就きたいと思い、入学しました。
学校での勉強は、大変と感じることもありますが、わからないところを互いに教え合える友人や、困った時に相談できる良い先輩に出会うことができました。
看護技術の修得も熱心に指導してくださる先生方がいて、本校は、安心して勉強できる環境が整っていると思います。
将来は看護師である母のように、患者さんに愛され、必要とされる看護師になれたらいいなと思っています。


糸井 聖

 看護学科 
糸木 聖
(門川高等学校 卒業)

同じ目標を持つ仲間と過ごす充実の日々。

 中学2年生の頃、母が病気で入院しました。その時に看護師の方が優しく笑顔で接してくださったことで、母も私も自然と不安がなくなり、無事に退院することができた経験がきっかけとなり、看護師になりたいと思うようになりました。
本校はクラスメイト全員の仲が良く、看護師になりたいという同じ目標があるので、互いに悩みを相談しやすかったり、勉強でわからないところがあれば教えあったり、男女関係なく毎日笑顔が絶えない学校です。
先生方もわからないところがあれば丁寧に指導をしてくださるので、毎日充実した生活を送ることができています。
今後の目標は、まず国家試験に合格することです。そして、どんな人からも頼られる看護師になりたいです。


柄本 日向

 看護学科 
柄本 日向
(日向病院高等学校 卒業)

患者さんの小さな変化に気がつける看護師へ。

 7年連続合格率100%達成という実績のある学校で、高い意識を持ちながら勉強に取り組みたいと思ったので本校を選びました。
本校は、先生方のサポートだけでなく設備も充実しているので安心して学ぶことができます。 入学当初は、男子が少ないことに不安もありましたが、みんなの気づかいのおかげで今では仲良く学校生活を送れています。
また、同い年だけでなく社会人を経験されて入ってきたクラスメイトもいるため色々な人と触れ合うことができるのも本校の魅力です。
将来は、患者さんだけでなく、そのご家族にも安心を提供できるような看護師になりたいです。


谷口 愛歩

 看護学科 
谷口 愛歩
(宮崎商業高等学校 卒業)

実績のある学校で学びたいと思い本校を選びました。

 人と関わることが好きで、人の役に立つ仕事をしたいと考え、看護師になりたいと思いました。そして、国家試験の合格率が高く、先生と生徒の距離が近くて、安心して勉強に取り組めると感じ本校へ進学を決めました。本校は、生徒の年齢層も幅広く、いろいろな話を聞くことで学べることも多くあります。設備も整っており、先生方からのサポートも手厚く、安心して勉強に集中できます。私は将来、知識・技術をしっかり身に付けて、患者さんの小さな変化を、表情などから読み取れるような看護師になりたいと考えています。そのために、まずは日々の学習を怠らずに学力を身に付け、国家試験に合格することが目標です。


秋山 優衣

 看護学科 
秋山 優衣
(日南高等学校 卒業)

祖母の急病時に対応してくれた看護師のように。

 看護師になろうと思ったのは、祖母が病気で倒れた時に担当してくれた看護師の対応がとても印象に残ったからです。それは、患者さんに対してはもちろんのこと、突然の事でパニックになっている私たち家族に対しても、安心できるよう優しく「大丈夫ですよ」と落ち着かせてくれる対応でした。学校生活は、勉強が大変と感じることもありますが、その分、充実した毎日を送れています。また、一緒に頑張れる友人たちとも出会えました。将来は、患者さんやご家族に安心を提供できるような看護師になりたいです。そのために、今後の学習や実習に一生懸命取り組み、国家試験合格に向けて頑張っていきたいと思います。

園田 春朗

 看護学科 
園田 春朗
(都城西高等学校 卒業)

患者さんとご家族のケアを担える知識と技術を身につけたいです。

 母が看護師で、祖父や叔父を看護している姿を見て看護師という職業に興味を持ちました。この学校での学びは、生徒一人ひとりが自分で考えて行動することに重点が置かれているので、自然と自主性が身に付く環境だと思います。また、チームで動くことが多いため、人間関係の幅も広げられます。 何より、クラスメイトや先生方からのサポートが手厚いので、勉強が辛いと感じる時でも乗り越えることができます。 将来は、緩和ケア病棟で働き、患者さんが満足して最期を迎えられるようなサポートができたらと考えています。今後は、必要な知識、技術を身に付けて、患者さんのニーズを満たせるように努力したいです。

佐藤 春乃

 看護学科 
佐藤 春乃

(宮崎学園高等学校 卒業)

理想の看護師像へ仲間と共に近づける環境です。

 医療職に興味があった中で、救命の現場で活躍するドクターヘリへの憧れもあり、宮崎にもドクターヘリが導入されて僻地への関わりが多くなったことからこの道に進みたいと思いました。この学校では、幅広い年代の人と関わりをもてるので、物事を色々な視点から見る考え方に刺激を受け、自分の視野を広げられたように感じています。今後は、勉強や実習など大変な事もあると思いますが、ここで出会った仲間と共に一つ一つ乗り越えながら、自分の目指す看護師像に近づけるよう成長していきたいです。将来は、柔軟に対応できる幅広い知識をもって、患者さん一人一人を心身ともに看ることができる看護師になりたいです。



ページトップへ