九州保健福祉大学総合医療専門学校

よくあるご質問

  • 交通アクセス
  • サイトマップ
順正学園
デジタルブック
  • 学校の特色
  • 学科紹介
  • 校内マップ
  • メッセージ
  • 入試要項
学校の特色

看護学科 〜卒業生からのメッセージ〜

増田 恵奈

潤和会記念病院 勤務
2017年4月現在
看護学科OG 増田 恵奈さん
(日向高等学校 卒業)

精神面でもサポートしてくださった先生方に感謝しています。

 症状が安定した患者さんに対して在宅や介護施設への復帰支援に向けた医療や支援を行う「地域包括ケア病棟」で勤務しています。患者さんやご家族から感謝の言葉をいただいた時や退院を見送ることができた時などは、 本当に嬉しく、やりがいを感じています。
 在学中は、勉強についていけるか不安に思うこともありました。しかし、先生方が勉強面だけでなく、精神面もサポートしてくださいました。そのおかげで今、看護師として働けているのだと思いますし、本当にこの学校でよかったと実感しています。
 今後は患者さん一人ひとりに寄り添い、さらに知識・技術を身につけて急変時も対応できるナースになることが私の目標です。

岩永 章太郎

大分大学医学部看護学科 在学
2017年4月現在
看護学科OG 岩永 章太郎
(宮崎大宮高等学校 卒業)

保健師になるという夢に向かって現在も前進中です。

 私は卒業後に、大学に編入学しました。もともと、保健師志望であったため、専門学校で看護について深く学習して看護師の資格を取得し、その後は大学で保健師の資格取得のため学びを深めたいと考えていたためです。
  私はこの学校で様々な実習を経験し、多くの人々と関わったことでコミュニケーション能力を培うことができました。そのことが現在の大学生活や実習で活かされています。今後は大学で学びたいことを探求し、保健師の資格を取得することが 目標です。これから進学を考えているみなさん、看護の道は学習内容が多く大変かと思いますが、皆で切磋琢磨し合って夢実現に向かって頑張ってください。

上村 真美

宮崎大学医学部附属病院 勤務
2016年4月現在
看護学科OG 上村 真美
(宮崎大宮高等学校 卒業)

実習で培ったコミュニケーション能力が活かされています。

 総合周産期母子医療センターにおいて、ディベロップメンタルケアの実践や赤ちゃんの成長・発達支援を行っています。 自分の行ったケアが、ご家族の積極的な育児参加や赤ちゃんの成長・発達へつながることにやりがいを感じています。 学生時代の実習で、患者さんやご家族との関わりを通して身につけたコミュニケーション能力が、現在に活かされていると実感しています。患者さんの状態を正確に把握することで、患者さん・ご家族の代弁者となり、最善の医療を提供できるようになることが今後の目標です。
 学生時代は、たくさんの人との出会いや様々な経験が自分を成長させてくれます。 自分の思い描く看護師像を大事に、頑張って下さい。

木下 美咲

宮崎市郡医師会病院 勤務
2016年4月現在
看護学科OG 木下 美咲
(宮崎北高等学校 卒業)

「いいお産だった」と思って頂けるようなケアを。

 産婦人科病棟で、分娩介助、胎児心拍モニターの装着や異常の早期発見、産後の授乳、育児指導などを行っています。患者さんが、元気な赤ちゃんを出産し、ともに喜びを分かち合えた時、この仕事をしていて良かったと感じます。
 今後は、陣痛の辛さを少しでも和らげ、いいお産だったと思って頂けるような分娩の介助ができるようになることが目標です。
 先輩や師長から「九保専門の学生は学ぶ意欲もあるし、態度もすごく良いね」と言われます。3年間は、楽しいことばかりではないと思いますが、在学中も卒業後も、九保専門で学べて良かったと思えるはずです。先生方と仲間を信じて頑張ってください。

石川 紋子

独立行政法人国立病院機構
宮崎病院 勤務
2015年4月現在
看護学科OG 石川 紋子
(高鍋高等学校 卒業)

親身になって指導してくださった先生方に感謝。

  現在、重症心身障害者病棟で人工呼吸器の管理や患者さんの日常生活ケアなどにあたっています。患者さんは長期で入院されている方ばかりです。私は、患者さんの情報をよく理解し、ご家族に信頼していただける看護師でありたいと考えています。
受験生のみなさんの中には、社会人の方もいらっしゃると思います。若い人達と3年間やっていけるのか、勉強はついていけるのか、私も、様々な不安がありましたが、先生方はそういった不安や焦りにも親身になって相談にのってくれ、励ましてくださり、おかげで私は、安心して看護師の道を突き進むことができました。この学校には楽しい仲間、頼もしい先生方、そして看護を基礎からしっかりと学べる環境がそろっています。
3年後にはきっと、頑張って良かったと思える日が必ずきます。何事も前向きに一歩一歩頑張ってください。

前田 博美

宮崎県立宮崎病院 勤務
2015年4月現在
看護学科OG 前田 博美
(宮崎大宮高等学校 卒業)

実習での経験が現在の仕事に活かされています。

 現在、外科病棟で周手術期の看護を通して、異常の早期発見に努めています。日々、患者さんやご家族の笑顔や言葉に元気づけられて、術後から早期離床を図ってADL、QOLともに向上した患者さんの姿を見られたときにやりがいを感じます。
学生時代、実習の際に重症な患者さんを受け持つことが多く、大変な日々を過ごしましたが、そのときの経験が臨床での看護を実践していく上で役立っています。看護師への道は簡単ではありませんが、国家資格は人生でとても心強い味方となってくれます。今後は、知識や技術を身につけて、急変等にも冷静に対応できる看護師になりたいです。そして、初心を忘れることなく、患者さん一人ひとりと向き合い、個別性に応じた看護を実践していけたらと考えています。

林 美那

野崎東病院 勤務
2014年4月現在
看護学科OG 林 美那
(宮崎日本大学高等学校 - 
九州保健福祉大学 卒業)

患者さんの笑顔に、喜びを感じる毎日です。

 現在、急性期の整形外科病棟で患者さんを受け持ち、清拭、洗髪などのケアを行っているほか、術後の観察と看護を通して異常の早期発見に努めています。笑顔で退院していかれる患者さんの姿を見たときや、元気な姿で退院後のリハビリに来られたり、病棟に会いに来てくださったりしたときには大きなやりがいを感じます。学生時代、実習を通して身につけたコミュニケーション能力は現在に大変活かされています。疾患に対する考え方に加え、チームワークや仲間意識、そして連携は仕事をする上でとても重要です。今後は、大学で学んだ介護についての知識も活かし、障がいのある方や高齢者の方に対して親身になって関われる看護師になれるよう頑張りたいです。そして、いつも笑顔を絶やさず、患者さんに元気を与えられるような看護師になることが私の目標です。

岩切 華菜

潤和会記念病院 勤務
2014年4月現在
看護学科OG 岩切 華菜
(宮崎商業高等学校卒業)

看護師として働く自分を想像しながら頑張ってほしいです。

 現在、整形外科・泌尿器科・耳鼻科の混合病棟に勤務しています。当院は、緊急体制も充実していることから日々様々な科の緊急入院があり、専門科以外の疾患についての知識も必要となるので、日々勉強に努めています。整形外科では、歩行が難しかった患者さんが、手術の翌日からリハビリに励まれ、歩いて退院されていく姿を見たときには、大変嬉しく思います。学生時代はつらいときもありましたし、なぜ看護師の道を選んだのだろうと思うこともありました。しかし、そのたびに先生方に相談にのっていただき、前を向いて頑張ることができました。みなさんも、つまずいたり迷ったり、投げ出したくなることがあると思います。そんなときは3年後、5年後の自分を想像してください。看護職って素晴らしい職業だな、と感じられる日が必ず来ると思います。同じ看護師として働ける日を、楽しみにしています。

猪俣 民紗

海老原総合病院 勤務
2013年4月現在
看護学科OG 猪俣 民紗
(宮崎学園高等学校 卒業)

現場で実感する「ホウ・レン・ソウ」の重要さ

 現在、外来で患者さんの問診をはじめ、診察の介助、医師から指示のあった点滴などの投薬、採血などを担当しています。内科や外科、整形などをはじめとする様々な科での対応や救急車への対応など、色々な経験ができて毎日が勉強の日々です。
 当院は、地域に密着した病院ですので、地域の方々に元気になっていただくお手伝いができるところに大きなやりがいを感じています。外来では一人一人の患者さんと向き合う時間が短いため、その場で判断しないといけない事が多々あります。そこで実感するのが、学校で学んだ「ホウ・レン・ソウ」の重要さです。迷った時に、先輩や医師へ「報告・連絡・相談」をしっかりすることの重要性はきわめて大きいです。
 今後は全ての科の診療に付けるよう、マルチに活躍できるように日々勉強して、頑張っていきたいです。

山口 千草

県立日南病院 勤務
2013年4月現在
看護学科OG 山口 千草
(延岡商業高等学校 卒業)

患者さんの笑顔が、私の活力

 私は現在、整形外科病棟で働いています。毎日たくさんの患者さんとの出会いがあり、自己への成長へとつながっています。また、患者さんが元気に退院していく姿、患者さんの笑顔を見る度、逆にこちらが元気をもらい、日々の活力になっています。
 学生時代に身につけた看護の技術は、就職後すんなりと現場で活かされ、スムーズに実施することができました。看護師になり6年目。今後も、日々の業務の中で初心を忘れず、目指す看護師像を描きながら地域の方々に貢献し、患者さん・ご家族に寄り添いながら看護できる力を養っていきたいと考えています。
 学生のみなさん、人と関わる仕事に就くということは、自分自身の成長につながります。看護師になりたい、なろうと思った志を忘れず、前進してください。


ページトップへ