九州保健福祉大学総合医療専門学校

順正学園
学内ビュー
  • 学校の特色
  • 学科紹介
  • 図書室
  • 校内マップ
  • メッセージ
  • 入試要項
学校の特色

看護学科 〜卒業生からのメッセージ〜

長倉 優希

こどもとおとなの訪問看護ろけっとステーション・サテライトひな田 勤務
2019年4月現在
看護学科OG 長倉 優希さん
(宮崎県立宮崎農業高等学校 卒業)

決めるのも自分、実行するのも自分。絶対に無理なこと、成せないことなどありません。

 私は、現在の職場で訪問看護の仕事をしています。訪問看護は、バイタルサイン測定や褥瘡処置などの看護業務以外にも、主治医や他の関係機関や職種との連携・調整、報告書作成等の事務作業など業務は多岐に渡ります。
 目標としている「医療者本位ではなく、利用者様やそのご家族が満足できる看護」を心掛け、経験年数にかかわらず「ひとりの看護師」として責任を持ち、常識や理想論にとらわれない個別性やケアの質を重視した看護ケアを行うことにやりがいを感じています。
在学中は、コミュニケーション力や忍耐力、多重課題の中でも効率よく正確に仕事をする大切さを学び、それは現在の仕事にも活かされています。
長い人生のうちの、この「たった3年間」の過ごし方で、その後の人生は大きく変わると思います。私は、「生活を支える看護に携わりたい」という思いを先延ばしすることなく、精一杯学び、自己研磨することで、なることが難しいとも言われた訪問看護師になることができました。皆さんも過程はもちろんのこと、結果を出すこともできるよう頑張って下さい。

増田 恵奈

潤和会記念病院 勤務
2017年4月現在
看護学科OG 増田 恵奈さん
(日向高等学校 卒業)

精神面でもサポートしてくださった先生方に感謝しています。

 症状が安定した患者さんに対して在宅や介護施設への復帰支援に向けた医療や支援を行う「地域包括ケア病棟」で勤務しています。患者さんやご家族から感謝の言葉をいただいた時や退院を見送ることができた時などは、 本当に嬉しく、やりがいを感じています。
 在学中は、勉強についていけるか不安に思うこともありました。しかし、先生方が勉強面だけでなく、精神面もサポートしてくださいました。そのおかげで今、看護師として働けているのだと思いますし、本当にこの学校でよかったと実感しています。
 今後は患者さん一人ひとりに寄り添い、さらに知識・技術を身につけて急変時も対応できるナースになることが私の目標です。

岩永 章太郎

大分大学医学部看護学科 在学
2017年4月現在
看護学科OG 岩永 章太郎
(宮崎大宮高等学校 卒業)

保健師になるという夢に向かって現在も前進中です。

 私は卒業後に、大学に編入学しました。もともと、保健師志望であったため、専門学校で看護について深く学習して看護師の資格を取得し、その後は大学で保健師の資格取得のため学びを深めたいと考えていたためです。
  私はこの学校で様々な実習を経験し、多くの人々と関わったことでコミュニケーション能力を培うことができました。そのことが現在の大学生活や実習で活かされています。今後は大学で学びたいことを探求し、保健師の資格を取得することが 目標です。これから進学を考えているみなさん、看護の道は学習内容が多く大変かと思いますが、皆で切磋琢磨し合って夢実現に向かって頑張ってください。

上村 真美

宮崎大学医学部附属病院 勤務
2016年4月現在
看護学科OG 上村 真美
(宮崎大宮高等学校 卒業)

実習で培ったコミュニケーション能力が活かされています。

 総合周産期母子医療センターにおいて、ディベロップメンタルケアの実践や赤ちゃんの成長・発達支援を行っています。 自分の行ったケアが、ご家族の積極的な育児参加や赤ちゃんの成長・発達へつながることにやりがいを感じています。 学生時代の実習で、患者さんやご家族との関わりを通して身につけたコミュニケーション能力が、現在に活かされていると実感しています。患者さんの状態を正確に把握することで、患者さん・ご家族の代弁者となり、最善の医療を提供できるようになることが今後の目標です。
 学生時代は、たくさんの人との出会いや様々な経験が自分を成長させてくれます。 自分の思い描く看護師像を大事に、頑張って下さい。

木下 美咲

宮崎市郡医師会病院 勤務
2016年4月現在
看護学科OG 木下 美咲
(宮崎北高等学校 卒業)

「いいお産だった」と思って頂けるようなケアを。

 産婦人科病棟で、分娩介助、胎児心拍モニターの装着や異常の早期発見、産後の授乳、育児指導などを行っています。患者さんが、元気な赤ちゃんを出産し、ともに喜びを分かち合えた時、この仕事をしていて良かったと感じます。
 今後は、陣痛の辛さを少しでも和らげ、いいお産だったと思って頂けるような分娩の介助ができるようになることが目標です。
 先輩や師長から「九保専門の学生は学ぶ意欲もあるし、態度もすごく良いね」と言われます。3年間は、楽しいことばかりではないと思いますが、在学中も卒業後も、九保専門で学べて良かったと思えるはずです。先生方と仲間を信じて頑張ってください。


ページトップへ