九州保健福祉大学総合医療専門学校

順正学園
学内ビュー
  • 学校の特色
  • 学科紹介
  • 図書室
  • 校内マップ
  • メッセージ
  • 入試要項
学校の特色

理事長・校長の挨拶

 我が国の疾病構造の複雑化や医療の高度化、さらに新型コロナウイルス感染症の世界的な蔓延に代表される新たな感染症の出現に伴い、医療専門職に対する要望がますます高くなっています。現代医療における学問や技術の発展は急速であり、医療の高度化・専門化が進む中、社会の変化に応じた医療専門職の養成は急務といえます。九州保健福祉大学総合医療専門学校はそのような社会情勢に応えるべく、南九州の医療・保健教育の発展拠点を目指し、2005年に宮崎の地に誕生しました。
本校では、「学生一人ひとりのもつ能力を最大限に引き出し引き伸ばし、社会に有為な人材を養成する」という建学の理念に基づき、各領域の知識と技術に精通した教員を配置した教育体制及びカリキュラム編成をして、医療・保健の分野で活躍できる心豊かな人材の養成を目指しています。
本校は、看護師国家試験において継続して高い合格率を達成するとともに、本校を運営する学校法人順正学園が延岡市に設置した九州保健福祉大学と学際的連携をはかることにより包括的な学問を提供できる環境を整えており、質の高い教育の実践が期待できます。
九州保健福祉大学総合医療専門学校では、学生の皆様が有意義な学生生活を送って頂けるようにサポートして参ります。


学校法人 順正学園 九州保健福祉大学総合医療専門学校
理事長・総長 加計 勇樹


 本校は、順正学園グループの一つとして2005年に宮崎市瀬頭に保健師助産師看護師法に基づく養成施設として、厚生労働省の指定を受け開校した学校です。
 実社会で役立つ知識・技術を修得した看護師を養成する高等教育機関として、社会から多くの支持を得ています。また、看護専門学校は卒業後、即戦力として勤務できる看護技術を身につけることを目標としています。そこで、本校では専任教員だけでなく、医療系大学の教員、各病院の現役医師や看護師を講師として招き、医療現場の「今」を知ることで、求められる知識・技術を学べるように工夫しています。また、近隣の病院や施設等の先進的な医療現場において、実践的な看護を学ぶことができます。
もちろん、臨地実習に必要な技術は、学内実習で身につけることができるように教員が細やかな指導を行っています。学生たちは計画的に空き時間を利用して主体的に練習を行い、看護技術の向上に努めています。その結果は国家試験の合格率にも表われており、毎年の合格率は全国平均を大きく上回り、全国屈指の実績を残しています。さらに、本校卒業後は看護師資格のみならず、保健師、助産師、臨床工学技士などのキャリアアップのための道も開かれています。
看護師の活躍の場も病院や医療施設だけに留まらず、その働き方は多様化しつつあり、高齢化が進む中で需要はさらに高まっています。そんな看護師の仕事に少しでも興味がある方、また看護師になるために学校の選択に迷われている方は、まず本校の学校見学会にいらして下さい。
看護師を目指す熱意のある皆さんの来校をお待ちしています。


校長 後迫 和子


ページトップへ